カルドメック通販は動物医薬品です

カルドメック通販は格安

フィラリア

フィラリア症の感染の原因や予防法を知っておきたい

犬や猫などのペットを飼育している場合は、
フィラリアを予防するために春先の3月頃から専用の医薬品を使用する必要があります。

 

フィラリアの感染原因は蚊になっており、
日本には病気の原因になっている蚊が16種類存在するので、
大切なペットを病気から守ることが大事です。

 

自覚症状がほとんどないうちから、
動物病院で検査を受けることが大事です。

 

犬や猫が蚊に刺されてしまうと血液に卵や幼虫などが寄生してしまい、
放置をすると13㎝から16㎝ぐらいの成虫に成長してしまいます。

 

 

基本的には心臓の右心室や冠動脈などに寄生をするため、
腎臓や肝臓、心臓などの臓器に負担が掛かってしまい、
大切なペットが亡くなることが多いです。

 

 

フィラリアの予防法はペットを完全室内飼いにしたり、
室内でも蚊の発生しやすい窓や暗い場所には蚊取り線香などを設置しましょう。
従来の蚊取り線香では火災などが心配な人が多いですが、
電気式の商品などを使用するのがお勧めです。

 

 

動物病院では獣医師がフィラリア症の医薬品を処方するので、
春先の3月から12月ぐらいは毎月飲ませてあげることが大事です。

 

医薬品は卵や幼虫の駆除は出来ないため、
成虫にだけ働き掛けるのが特徴です。

 

蚊が発生する時期だけ医薬品を使用しても、
十分な効果は発揮することは出来ません。

 

基本的にはおやつのように食べられる
チュアブルタイプ、錠剤タイプ、スポイトオンタイプなどがあります。

 

猫用の医薬品にはチュアブルタイプはありませんが、
犬用のチュアブルタイプは嗜好性に優れているので、
嫌がらずに食べてくれることが多いです。

 

錠剤タイプは嫌がるので飲ませにくいと感じる場合は、
チュアブルタイプやスポイトオンタイプがお勧めです。

 

スポイトオンタイプは首の後ろの肩甲骨の間などに、
毛をかき分けて皮膚に直接スポイトして使用出来ます。

 

仕事や家事、育児などで忙しく、動物病院に行く時間がなかなか取れない場合は、
インターネット通販の専門店を利用すると良いでしょう。

 

インターネット通販の専門店では、豊富な種類の医薬品を取り扱っています。
動物病院で取り扱っている商品と同じメーカーが揃っており、
比較的リーズナブルな価格で購入出来るのが魅力です。

 

病気に罹るとどんな症状が出てくるのか、知っておく必要があります。
咳をするようになったり、疲れやすく散歩を拒否する、
血尿が出る、腹水が溜まるなどの症状が見られることが多いです。
血尿や腹水が溜まっていると病気が進行しており、大切な臓器にダメージを受けています。

 

気になる症状が見られる場合は動物病院で、精密検査を受けることが大事です。
動物病院では血液を採取して感染をしているか、調べることが出来ます。

 

病気が診断されると超音波エコー検査や
レントゲン、心電図などの検査を行うことが多いです。

 

比較的早期に病気が発見出来ると、
体に負担の少ない治療が出来るので寿命を延ばすことが出来ます。

 

 

フィラリアは犬に多い病気ですが、
現在は猫も罹ることが増えているので注意が必要です。

 

完全室内飼育を徹底していても、
病気に罹るリスクがあるので予防法を知っておく必要があります。

 

動物病院に電話や診察室などで、
相談が出来るので病気の知識を身に付けておくことが大事です。

 

フィラリア症は大変恐ろしい病気ですが、
現代は優れた医薬品が開発されているので予防をすることが可能になりました。

 

成虫が大きくなってくると心臓や肝臓、腎臓などの大切な臓器を蝕んでしまいます。
大切なペットを病気から守り、長生きをさせてあげるためには
病気の知識や予防法を学んでおくことが大事です。

 

地元で評判の高い動物病院を選んでおくと、
経験豊富な獣医師が在籍をしているので疑問点や不安などを相談出来ます。

カルドメック通販 468 x 60_1


犬や猫のフィラリアの予防や治療方法

フィラリアは寄生虫の一種で犬糸状虫ともいわれ、
蚊を媒介として犬の肺動脈や心臓に寄生します。

 

蚊が血を吸うことによってミクロフィラリアという虫の幼虫が体内に入り、
心臓の右心室にある肺動脈に寄生すると心臓の機能障害を起こします。

 

右心室は血液を送る役目をしますが、
寄生虫がいることによって十分に血液を送ることも戻ってくることもできなくなります。

 

すると少し動いただけでも息遣いが荒くなったり咳が出たりと症状が出てきます。
血液が全身にうまく流れなくなると体全体に悪影響を与え、
心臓だけでなく内臓の働きも悪くなって死に至る重篤な状態になってしまいます。

 

フィラリアは犬だけがかかる病気ではなく、猫もかかります。
本来は猫ではなく犬に寄生する虫なので猫の発生数はそれほど多くはありませんが、
症例が少ないのは感染していても発見しにくいということもあります。

 

命を脅かす病気を発症させるフィラリアは、かからないように予防をすることが大切です。
蚊が発生する時期は、
できるだけかの多い草むらなどに行かないようにしたり
蚊の多い戸外に長時間いさせないようにします。

 

そして予防薬として注射や薬を利用することです。

 

薬には注射と滴下剤、それに飲み薬の3種類あり、
注射なら1回打つと1年以上の効き目があります。

 

飲む薬としては犬が服用しやすいおいしいエサのようなチュアブルタイプの薬があるので、
それを初夏から晩秋にかけて月に1回飲ませます。

 

滴下剤とはノミやダニも退治できるもので
首のところに垂らすもので月に1度使います。

 

どれも体重によって用量が変わり、
またどれも獣医のみの処方になるので医師に診察を仰ぐようにしましょう。

 

 

これらの予防薬はフィラリアに感染しないように予防するのではなく、
体内に幼虫や卵がいても駆除をして病気を発症させないように使われます。

 

3種類のうちどの方法で駆除をするかは、
薬を飲むのが苦手なら1度だけの注射にするなど飼い主が判断すればよいでしょう。

 

 

獣医に行くと、まず虫が心臓近くに寄生していないかを
血液検査や超音波などで調べてもらい、
少しでも体内に成虫が少しいれば駆虫薬で治療を行います。

 

治療方法に成虫を駆除させる薬を使う場合と、
幼虫だけ駆除をして成虫に関しては死滅するのを待つという方法の2通りがあります。

 

しかし駆虫薬では追い付かないほど大量の成虫がいる場合には、
外科的な手術が必要になることもあります。

 

そのような場合はもう発症してしまっていることも多く、
心臓の機能が衰えてしまっている可能性が高いです。

 

機能障害が残ってしまえば
虫がいなくなっても治療を続けなければいけません。

 

 

日本ではかつて外で犬を飼っていたことや予防策が講じられていなかったこともあり、
フィラリアでなくなるケースがとても多くありました。

 

亡くなった飼い主をじっと待ち続けた
ハチ公もり患して亡くなったといわれています。

 

しかし近年は室内飼いが増えたり、
獣医に連れていく機会も増え毎年きちんと注射や薬で予防する
飼い主が多くなったのであまり発症しなくなりました。
それでも病気がなくなったわけではありません。

 

毎年獣医師に見せて予防をしてもらうことでかからなくて済む病気なので、
愛する家族がつらい目に遭うことがないよう、
予防できるものはすべて予防をすることが大切です。

 

猫に関しては幼虫が肺の血管に来ると
免疫反応を起こして咳が出たり呼吸が荒くなる、
嘔吐や食欲不振などの症状が出ます。

 

ほとんどの成虫は体内で死滅しますが
成虫の死骸が血管を詰まらせて猫が突然亡くなってしまうこともあります。
治療は症状を和らげる対症療法が主で治療法はまだありません。

 

予防としては蚊を避けることのほか猫専用の予防薬はあるので、
動物病院で処方してもらうことはできます。