犬フィラリア薬カルドメック

犬フィラリア薬カルドメック

カルドメック通販 468 x 60_1

昨今は日本国内では、犬や猫を飼育する方が多くなりました。
総務省の調査によると、
全国で約900万世帯のご家庭で何かしらの動物を飼育しており、
その約80パーセントが犬と猫でした。

 

これらの動物は古くからわれわれの生活に馴染んでおり、
犬であれば狩猟を手助けする、
猫は食糧をネズミから守る役割を担っていたわけです。

 

犬猫のフィラリア対策用の予防薬のおもな種類

現在では家畜ではなく家族の一員というポジションを確立されており、
飼い主は手厚い保護をなさっているほどです。

 

動物の寿命は人間よりも非常に短く、
約20年程度しかありません。

 

その間に一度や二度は身体を壊すこともあるでしょう。

 

特に先述したペットの場合は、フィラリアという寄生虫が体を蝕む恐れもあります。
そこでここでは、フィラリアを未然に防ぐための予防薬について、
詳しくご紹介をしていきましょう。

 

一般的には動物病院を受診すれば、対応はしてくれます。

 

しかし、ペットのなかには医療施設を怖がる個体もいるので、
連れて行くのが大変という方も多いものです。

 

自身の手で予防をしてあげられたらいいのに、
とお考えの方も多いことと存じます。

 

そのセルフ対応についてご紹介をするので、
参考にしていただければ幸いです。

 

 

まず、フィラリアとは何かについて見ていきます。
これは寄生虫の一種であり、おもに胃から大腸に寄生をします。

 

蚊を媒介してペットに感染をしており、
毎年一回は予防薬を服用させるのが望ましいわけです。

 

 

使用するお薬は「イソプロチレン」というものが主成分で、
人間でもサナダムシを予防するときに使用していました。

 

犬・猫の両方で対応しているのが特徴で、
12キログラム以上の個体であれば5ミリグラムの分量で摂取をさせます。

 

1970年にアメリカの製薬会社が開発販売をなされ、
日本では1975年から全国の動物病院で利用されるに至りました。

 

それ以前は人間用でしたが、高度経済成長期から動物を家族と見なす方が多くなり、
使用するお薬も人間と同じものとなったわけです。

 

フィラリアに寄生されると、約1年程度で命を落とすわけであり、
家族を守ろうとする方々の間で使用されるに至りました。

 

医薬品であるため以前は市販をされていませんでした。
ところが2000年以降はインターネットで医薬品を購入できるようになり、
現在では個人輸入というスタイルで世界各地から手に入れられるようになっています。

 

ここからは、現在購入できるペット向けの予防薬を見ていきましょう。
数多くのものが市販されていますが、そのなかで高い支持をされているのは4種類です。

 

それは「スポットライン」「セーフドラッグ」「タイランティック」、
「フェリシモン」「カバスカパス」の4種類になります。

 

インドからオーストラリア・アメリカ、シンガポールの海外製薬会社の商品ばかりで、
現段階では国内の製薬会社では製造・販売はなされておりません。

 

どれも実際に動物病院で使用されていますが、
医療機関で投薬を依頼すると約2万円の医療費が必要です。

 

 

しかし、自分自身で個人輸入をして用いれば、
そのコストは大きく削減ができます。

 

インターネットで販売されている価格を見てみると、
1箱あたり約980円から1200円が相場でした。

 

この価格に送料をプラスしても4000円以下なので、
費用の負担を軽くできます。

 

個人で輸入をする場合は、
医薬品を専門に取り扱っているショップを利用しましょう。

 

国内でも数多くの医薬品ネット通販サイトがあり、
フィラリアの予防薬の扱いもなされています。

 

日本語で注文をできるのがメリットであり、
支払方法も日本国内で対応しているクレジットカードから、
コンビニ払いなどもあります。

 

犬猫の健康を守るには、予防薬の存在は大きいです。

 

ペット用医薬品の輸入オンラインショップは、いろいろと存在しますが、
製造元がしっかりとした医薬品をもしも手に入れたいのならば、「ペット薬の個人輸入代行」の通販ショップを上手に利用してみるのも良い手です。